【京都 B級グルメ】京都人のソウルフード!愛され続ける壱銭洋食の魅力

img_1800

どの土地にもB級グルメと呼ばれるものがある。

何をもってB級というのか、その定義は定かではない。あくまで僕のイメージだが、安価で庶民的で、「とても美味い料理」といったところだろうか。

ここ京都にもB級グルメを提供するお店は数多くある。その中でも、古くから京都の人々を虜にしてやまないB級グルメが存在する。

「元祖 お古乃美也貴 壱銭洋食」

今のお好み焼きのルーツとも言えるこの壱銭洋食の歴史は、なんと大正まで遡る。この一品が現代まで愛されてきた、その美味しさの秘密を紹介する。

一銭洋食ってなに?

大正から昭和の初めころ。当時の駄菓子屋で、だし入りの水で溶いた小麦粉に刻みネギやわずかな肉片などを乗せて焼き、ソースをかけたものが「洋食」として売られていたそう。

「一銭で買える洋食」ということで、「一銭洋食」と呼ばれるようになり、子供のおやつや庶民の味として浸透していく。

img_0525
出典;umaihiroshima.net

しかし、時代が移ろうにつれて今のお好み焼きが主流になり、一銭洋食は人々の間で廃れていった。

「あの味を是非残したい!更に美味しくしていろんな人に食べてもらいたい!」と、先代の社長が奮起し復活させたのが、今の「壱銭洋食」である。瞬く間に口コミで評判が広がり、京都の名物として名を広めることになった。

祇園 本店

鴨川のすぐ側、祇園四条の交差点から少し歩いたところにある本店。

どこか懐かしい店構えは、昭和のイメージと花街の色気で趣向を凝らしている。ゆっくりと店内を眺め回したら色んな発見があるかも。

p1020466
出典;fuune.jp

初めは待ち時間の退屈しのぎだったが、訪れる人々に愛されて、今では祗園の観光名所のようにもなっている。

0abf2cdd
出典;guucoco.blog.jp

祇園界隈の散歩の合間に、小腹が空いたらおやつの代わりに、京都に来たら是非立ち寄ってほしい。

original-6331794d745bcb75b91eddacca87c6683014c7e2
出典;play-life.jp

ふわふわトロトロ!元祖 お古乃美也貴 壱銭洋食

お出汁でといた小麦粉を薄く伸ばし、程よく温まったらかつお節をパラパラ。

そこに新鮮なしゃきしゃき九条ネギをたっぷりのせ、卵、天かす、紅生姜、味付けこんにゃく、ちくわの輪切りを綺麗に盛り付けていく。

original-04c03d0a3f6b7475890b4779746a083387d37099
出典;play-life.jp

最後に国産和牛肉をのせたら、上から生地をかけて裏返す。外はパリパリ、中はふわトロに丁寧に焼いていく。

特製のソースを塗り仕上げに刻み海苔をかければ「壱銭洋食」の完成だ。

img_1800
出典;333turip-flowerbed.cocolog-nifty.com

ふわふわトロトロで、様々な具材による食感の違いが楽しい。特製のソースも相まって、この大衆的な味はクセになること間違いない。

original-b0a0ca9ae1631898e68126201d9ba58737ab8822
出典;play-life.jp

「ふつう、あま、から味」の3種類があって、中に塗るソースと外にかけるソースの組み合わせによって変わる。

中を辛味、外を甘味が壱銭洋食のふつう味。最初はやっぱりこの定番がおすすめ!

4806309
出典;hitosara.com

マップ&アクセス

京阪本線
祇園四条駅(7番出口)より、徒歩1分

阪急京都本線
河原町駅(1A出口)より、徒歩3分

基本情報

店舗HP:issen-yosyoku.co.jp
☎︎電話番号:075-533-0001
🏠住所:〒605-0073 京都市東山区祇園四条通縄手上ル祇園町北側238

💰料金:〜999円

🕐営業時間:【月~土】11:00~翌3:00 【日・祝】10:30~22:00

🎌定休日:年中無休
🅿️駐車場:
 なし

目まぐるしく時代が変わる中、長く愛されるものにはそれなりの理由がある。

京都の小腹を満たしてきた壱銭洋食は、一口食べた瞬間にその長い歴史を感じさせてくれる気がした。

RECOMMENTED by おげおげ;コトるぽWRITER

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする